模型

憧れの一戸建て生活を現実に|住み心地の良い物件を探してみよう

地震に強い家を建てる

婦人

耐震等級を目安にする

日本で家を建てるなら何をおいても地震への備えを筆頭の条件にするという家族が大阪には沢山います。大阪をはじめ他の地域でも大きな震災が何度も起こっているのを間近にしている人も多いですから、耐震性能の高い注文住宅を建てたいと考えるのも不思議ではないでしょう。大阪で地震に強い注文住宅を建てるのならハウスメーカーが適しています。世の中には耐震性を強調している建築会社が沢山ありますが、ハウスメーカーは全国規模という会社の大きさと潤沢な資金力で独自の耐震法を確立していたり、耐久検査などを行って、来る地震に備えようという顧客に対応しています。住宅の性能表示では耐震等級が1〜3まで決められており、1は建築基準法のレベル、2は基準法の1.25倍の耐久性レベル、3は1.5倍と性能表示の数字が上がるにつれて耐震性能も高くなっています。法律の耐震基準は人が逃げられる位の時間の猶予が与えられる基準だとも言われていますから、家の倒壊を防ぐのなら最高レベルの耐震等級が望ましいでしょう。大手のハウスメーカーにはこの耐震等級3を明示している会社がいくつかありますから、大阪で注文住宅を建てる時の目安にするとよいでしょう。ハウスメーカーによってはプランや仕様によって異なるケースがあると但し書きがある会社もあるので、自分が建てたいプランの注文住宅はどうなのか必ず聞いてみるようにしましょう。色々な建築会社が耐震強度を鉄骨の厚みだとか、柱の大きさなどで強調する事も多いですが、結局は耐震等級がいくつなのかが重要です。

Copyright © 2017 憧れの一戸建て生活を現実に|住み心地の良い物件を探してみよう All Rights Reserved.